忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末は。


 巨大アートセンター104へ。
 ここは一般的な展覧会やギャラリーとは違い、一定期間アーティストが制作過程をここで
 公開しながら発表するというちょっと今までにない施設。
 美術に限らず、音楽・演劇など幅広い芸術分野のプロジェクトがある。
 私達が行った時は、大きなスペースで太極拳のレッスンが行われていたり、
 そのちょっと先では、有機野菜のマルシェがあったり様々な事が行われていた。
 
 その巨大空間の中にはアーティストがデザインした子供の遊ぶスペース、
 本屋さん、リサイクルショップ(収益金は全て慈善団体へ)、レストラン、カフェ等。
 
 
  IMGP2757.jpg
 

  
   絵本を真剣に読み。。。











IMGP2758.jpg 






  ちょっと休憩。








              
 
                            
 IMGP2760.jpg
  




   かわいくないアリスの本。。
   





  



 そして、ムッシュは映像を見に。
 34ea5b61.jpeg60503704.jpeg




















    




2982d1ba.jpeg                                                                                                                              



   キッズルームでなんとなく
   遊び。









 その後お昼ごはんを食べにヴェジタリアンインド料理の店へ。
 ba35043c.jpeg

  向っている途中に寝てしまい、店に入っても寝てたので、入り口にベビーカーごと置いて私達はテーブルへ。

  (このカップルの間の奥に注目!)









  そして私達は「いただきまーす。」
 85108503.jpeg
  
 
 
   前回このお店に来た時、途中で大泣きが始まった為      残っていた料理を持ち帰りにしてもらったけど、
   今回は途中で目覚めたものの大丈夫だった。
  
   
   
 
    







  子供が大きくなるにつれて、だんだん出かけるのが大変になってきた。。
  こうして週末に出かけられるのは本当にうれしい。

  なかなかいい1日だった。
   
PR

お出かけ。


 今日は3人でお出かけ。

まずはお気に入りのイタリア料理屋さんでランチ。
IMGP2713.jpgIMGP2714.jpg













いつも頼む定番メニューの前菜盛り合わせとピザ(今日は生ハムとルッコラ・パルメザンチーズ)。

べべが産まれる前、そして産まれてからも通っていたから安心して行ける気軽でおいしいお店。
が、今日は途中から飽きたのかぐずりだしなんとかあやしながら食べ終えた。
前に来た時は大人しく寝ててくれてたけど、
これからは、どんどん大変になるんだろうな〜。

ランチ後は散歩しながらリュクサンブール美術館へ。
セザンヌの作品特集。
IMGP2715.jpg

















展示数はそれほど多くはなかったけれど、初期から晩年までを通して鑑賞。
作風の変化がおもしろく、いくつか気に入る作品を発見。

美術館を出たあとは、カフェへ。

IMGP2716.jpg 
  

  
  まるで、一人前のお客さん素振り。。
 
  堂々とするのは得意です。

 

好きなお店。

 
もう間もなく、一人では動けなくなるという気持ちが私を動かしていた先週一週間。

毎日毎日、自分が心地良く感じる空間に足を運んではリラックスしていた。
美術館・博物館・雑貨屋・友達とのランチやお茶の時間等。

先週一週間が、私に残された最後の一人時間と覚悟してたけど
今週もなんとなくまだ大丈夫そうなので引き続き用心しながらお出かけしようかな〜。

好きなお店に立ち寄ったら、ちょうど店内がおもしろいディスプレイに変えてた最中だったので
写真に撮ってみた。
 
IMGP0359.jpg



















          そろそろ出来上がった頃だと思うのでもう1度位行ってこようかな〜。

IMGP0361.jpg



IMGP0360.jpg

まさかパリで観るなんて。

 
狂言のワークショップの為パリを訪れていた野村萬斎さんの舞台を観に行ってきました。

昔から素敵だなと思っていた一人でもあった
野村萬斎さん。
やはり素敵でした。

実は震災前日に、萬斎さんによる「古典から現代の 狂言」といった名目で講習が開かれていました。
もちろんルンルンで出かけ、前から2列目という  ものすごい近い距離で見ることができ感激!
2e1b04c5.jpeg
映像や実際の動きを交えながら「狂言とは?」     という説明から行ってくれたので
日本文化に興味のあるフランス人達にも        とても分かりやすい説明だった。

2e1b04c5.jpeg
 彼自身、勉強の為に英国に1年間の留学経験があり海外公演数多く行ってきているので外国人に対してもとてもユーモアある説明や舞いで私自身もとても勉強になった。

そして狂言の舞台当日は、たくさんの日本人スタッフを引き連れての舞台なんだろうなと考えると震災直後という事もあり萬斎さんをはじめスタッフの皆さんも気が気ではない毎日を過ごされたのではないかと心配していました。
IMGP0303.jpg
会場場所はパリ郊外の森の中にある小さな劇場。
沢山のフランス人で満員でした。


開演の前には、挨拶を行う事はない狂言なのですが
今回は震災の事があり、異例という事で衣装を身に着けた状態で萬斎さんの挨拶で幕は明けました。
9bacf447.jpeg
  326d9519.jpeg
 
2部構成の舞台。どの演目もとてもおもしろく声を出して笑う事も多かった。
最後の拍手は5分近くは鳴り止まなかった位、大きな拍手が出演者の方達を包んでいた。

今はすでに帰国されている事でしょうが、震災後で観覧する事に若干の抵抗を感じずにはいられない状態で劇場に向ったけれど、行って良かったと思えるとてもいい舞台でした。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[11/04 おにいちゃん]
[10/22 美樹]
[10/11 NAOMI]
[05/28 あーぼー]
[05/26 おにいちゃん]

プロフィール

HN:
Ak
性別:
女性
職業:
maman

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析