忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅・2日目 ~Biarritz→st jean de luz→Sare~


 旅2日目は、「St  jean de Luz」という小さな漁港のある町を経由し、

 「Sare」という山間部の小さな村へ。


   国鉄に乗り「Biarritz」を出発。
 
   フランスって本当にいい加減だな~とつくづく呆れかえる事の連続だった旅でも
 
  あったけれど、まずはこの移動が最初だったかも。。。
 
  前日に駅員さんに確認して教えてもらった時間に駅に行くと、その時間に列車はない・・・。
 
  窓口で次の列車が1時間半後という事を教えてもらい、どうしようもないからその列車のチケットを購入。
 
  その間、カフェでのんびり。。。

  さぁいよいよ時間が迫ってきた為、ホームに出て待っていると聞こえてきたアナンスは、
  
  どうやらパリ行き。・・・・・。えっ・・・?パリ? 
  
  でも切符に記入してる行き先は間違ってないけど時間はパリ行きの時間・・。
 
       ???

  とりあえず車掌さんに尋ねるムッシュ。

  「次の列車はパリ行きだから違うよ!あ~これ間違ったんだね、君たちのは30分後の列車   だよ!」

  との事。  ・・・・。なにーー!!  なんだずーーーーーーー!!!!

  間違った事もさほど気にしてない、いや全く気にしていなかった。

  ふぅ~、とりあえずパリ行きに乗らなくて良かったと一安心。

  旅2日目にパリに戻るところでした~。笑 危ない危ない。

  
  DSCN4260.jpg                                                                                                                    
















        気を取り直して、いざ出発!
 DSCN4258.jpg                                                                                                                       
















          はい、また「世界の車窓から」です。

    15分位という短い移動。
DSCN4261.jpg














 
           経由地点の「St-jean-de-Luz」 かわいいでしょ~字体。
 
    
    ここからバスで「Sare」へ。
    
    またしても適当な時刻表に惑わされ、余計な空き時間発生!
    なんだずー!!

    ブラブラしながら時間を潰し、バスへ。
DSCN4283.jpg















         バスク地方や田舎を旅する人は、大体が車での旅行が多いらしく、
   
   乗り込んだバスも、旅行者は少なく、地元の小学生や中学生のスクールバスとして

   使っているらしく、そんな雰囲気の中にお邪魔してしまった私達・・。
 
   アジア人が珍しいのか、チラチラ見てきた子供たち。写真にも入ってる・・笑


   さぁ、この村へはいくつもの山を越えて行きました。
   
   途中の景色も緑の豊かさに心奪われての山道ドライブ気分。
DSCN4291.jpg




村が見えてきました。











    DSCN4303.jpg                                                                                                            
















            村に着き、早速宿を目指し歩いていく途中。
 
    家々の感じがとても、かわいい!
DSCN4308.jpg




あるおうちの玄関先。
表札が壁に!

かわい~!








       ここの村の写真は多いので覚悟を!!

      宿に荷物を置き、早速村の散策スタート。
     DSCN4315.jpg                                                                                                





















         「フランスでもっとも美しい村」に選ばれている標識。
         
        ただ、字体の最後のFRANCEという字にシールが張られてあり
      このシールは、FRANCEという国ではなく、ここは「バスクだ!」との主張。
      
      誇り高きバスク人達の想いのシールでしょうか。


      DSCN4326.jpg                                          




 












    こんな素敵な橋に出逢いました。石が積み上げられて出来ている橋は、

   およそ築200年~300年経っているそうです。
  
   その下に流れている川の水もとてもきれい。

     
    せっかくなので、2人で記念写真!  と思ったものの人が歩いていないので
   
    セルフタイマーで。

   DSCN4330.jpg                                                                                                               






1回目。

間に合わず・・・








DSCN4329.jpg




2回目

間に合った~!








     この日は天気にも恵まれとてもいいお散歩日和。

     DSCN4366.jpg                                                                                                            










←これ
「バスクシンボルマーク」
            






DSCN4375.jpg







放牧している様子を
あちこちで見かけた。











DSCN4363.jpg





 

 

 

 

DSCN4406.jpg














DSCN4381.jpg





馬道という印?

いくつも見かけました。







DSCN4439.jpg





屋台の後ろにあった絵。










     何時間歩いたんだろう?
    
     ぐる~っと村を見て歩きました。
    
     緑の丘に抱かれて、赤や緑の雨戸に彩られたバスク建築はまるでおとぎ話しの
  
     世界のようにかわいらしく、美しかった。
     
     どこのお家の玄関先に刻み込まれているバスクのシンボルマーク、

     ひとつひとつの羽は、火・大地・水・空気をイメージしたもの。
    
      そんな昔から変わらぬであろう村の雰囲気や生活の様子に、
      
     ただただ心動かされ魅了された素敵な散歩でした。


     ※予断ですが、「フランシスコ・ザビエル」もバスク人らしい。
    
     
          

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[11/04 おにいちゃん]
[10/22 美樹]
[10/11 NAOMI]
[05/28 あーぼー]
[05/26 おにいちゃん]

プロフィール

HN:
Ak
性別:
女性
職業:
maman

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析